みんみんルーム

趣味とくらしのブログ

MENU

オリンピックイヤーに第四コーナーをまわった人

f:id:minminroom9:20220222002716p:plain

昨年の夏は、東京オリンピックが開催されるの何のと物議がかもし出されたが、開催された。

それはそれとして、選手の方々の活躍におおいに盛り上がった我が家。

冬季オリンピックでは、羽生選手の惜しい演技に考えさせられ、スノーボードの平野選手のとんでもなく高いジャンプと何回、どうやって回ってるんだ!と目を見張った。

気がつけば、カーリング女子が銀メダルを取っていて、あの素敵な笑顔とチームワークに感動。

そして、

もう終わってた。あれ?

 

というのも、父の病状が思わしくなくもう打つ手がないということで、在宅医療に切り替えるためいろんなところと契約を結び、右往左往しているからです。

 

足掛け三年。

食道がんが見つかり、その間抗がん剤治療、放射線治療、オプジーボと父と一緒に戦ってきましたが、もう治療に使う薬がなくなり、病気は進行しています。

 

電動で昇降などできるギャッチベッドを借りるには

介護保険を受けるには

ケアマネージャーをつけるには

緩和病棟を予約するには

人の最期をみとるとは

今日も今日とて

父の様子を見ながら駆け回った一日でした。

 

明日は、在宅医療の先生が来られて、往診と家族の腹を決めてほしいという重い話があるそうです。

 

胸の奥がぎゅいんぎゅいんするこの気持ち。

なんていう名前ですか?